« 水を買う日々 | トップページ | ノーベル賞の意味 »

2006年12月 3日 (日)

紀田順一郎の本

高校時代に紀田順一郎の「現代読書の技術」を読んで、すごく共感できる部分が多くて、それから名前だけを知るようになりました。新刊で「日本の書物」が出たので読んでみました。これは雑誌の連載をまとめられたそうなのですが、日本の古代から近世までの古典について、紹介が書かれています。また、現在の原本や写本がどのような経緯でどこに収蔵されているかということが書かれていて、本好きにはたまらないな~と思いました。

« 水を買う日々 | トップページ | ノーベル賞の意味 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/12913305

この記事へのトラックバック一覧です: 紀田順一郎の本:

« 水を買う日々 | トップページ | ノーベル賞の意味 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本