« ブランドのデザイン | トップページ | 趣味のひとりごと(2006.9.6) »

2006年9月 4日 (月)

曲げわっぱのお弁当箱から ~企画の心得?~

たまーに、お昼は奥さんが作ってくれた
お弁当を食べます。
今日のお昼はそのお弁当の日でした。
そして、いつものお弁当箱ではなく、
曲げわっぱのお弁当箱。
行きがけに、「今日は“曲げわっぱ”だから
食べたらすぐに水ですすぐように」と
奥さんからそう言われ、食事後、会社の流しで
ゴシゴシしました。

そのあと、ふきんがないので、
ティッシュペーパーで水滴をとりながらふと
曲げわっぱを拭く動作が、お茶の“ふくさ”の
作法に通じるものがあるのではと思いました。
それは、木肌を拭き拭きしていると
結構、気持ちよくて、いい気分に浸ったから
なのですが・・・

食事の後に、洗い流す、片付けるという行為を
組み込むことによって、
「食べること」に所作というか作法を組み込む
ことが出来たように感じたのです。

笑われるかもしれませんが、
「おしまいの行動」までを組み込む、
逆に言うと、一連の行為の中に「終わり」を
意識することで、物事はだいぶ洗練されるのでは
ないかと感じました。

ということは
行為を後始末までが出来るくらいのユニットに
最初から分けて行動した方が、
結果的に物事は洗練され、美しくなり、かつ
きれいなのかもしれません。

例えば物事を企画するときに
最適なサイズとバリューを考えることの
重要性がここに潜んでいるのでは
と思うのです。

« ブランドのデザイン | トップページ | 趣味のひとりごと(2006.9.6) »

ビジネス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

曲げわっぱ、洒落てますね。
死を意識して人生を送ると、人生も洗練されるでしょうね~

今って、「しっぱなし の 便利さ」が追求されてるから
商品とかなんでも使い捨てだし。
見直したい事柄ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/11759892

この記事へのトラックバック一覧です: 曲げわっぱのお弁当箱から ~企画の心得?~:

« ブランドのデザイン | トップページ | 趣味のひとりごと(2006.9.6) »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本