« 曲げわっぱのお弁当箱から ~企画の心得?~ | トップページ | 日本民藝館から、目黒区の公園を眺めて »

2006年9月 6日 (水)

趣味のひとりごと(2006.9.6)

タイトルをつけるとすれば・・・
----------------------------------
「常識」あるいはトレンドに潜む
社会と自己の乖離と本質について
----------------------------------

常識って必要だと思う
それがわからないと
例えば、きれいに描いたつもりの絵が
ぜんぜん人をひきつけなかったり
当然と思って発言した内容が
まったく的を得ていなかったり
そんなことがよくないだろうか
残念ながら僕には結構多い。

それもいいのかもしれない
でも口寂しさと恥ずかしさ、無念さ
あらゆる感情の孤立をそこに感じて
愕然とすることもある

そんなことに
くよくよするのもどうかと思うのだけど
そうした感情がまったくないと言ったら
やはり嘘になってしまう

よく流行とかベストセラーとか、
名画とか言うけれども

実はそれらを観たり手にしたりして
“世間の常識”と自分との距離を
計っているのではないかと思う

「私はこれ!」と押し切れるくらいの
審美眼なり、度胸を持ち合わせて
いればいいのに

声が大きいものが勝者なのか
お金持ちが勝者なのか
賢いものが勝者なのか

正直そうかもしれないが
僕にはわからない

ただ、人と向き合うなかで
こう語りかけていくしかないのかと
思う

「結局、自分は何者なのか」と

« 曲げわっぱのお弁当箱から ~企画の心得?~ | トップページ | 日本民藝館から、目黒区の公園を眺めて »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/11781704

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味のひとりごと(2006.9.6):

« 曲げわっぱのお弁当箱から ~企画の心得?~ | トップページ | 日本民藝館から、目黒区の公園を眺めて »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本