« 美術館へGO! | トップページ | 作家・井上ひさし さんの講演を聴いて »

2006年8月21日 (月)

杉浦日向子著 「うつくしく、やさしく、おろかなり―私の惚れた「江戸」

杉浦日向子著のうつくしく、やさしく、おろかなり―私の惚れた「江戸」 を読んだ。既に、杉浦さんは故人であるけれども、生前に書かれたエッセイなどがまとめられた本書を読んで、あらためて、「江戸」のすごさを感じた。よく、グローバルスタンダードなどと叫ばれるが、「歴史に学ぶ」ではないが、この本に書かれている江戸の姿とそのスタンダードを比較したり、混ぜ合わせたりして、何か日本のスタイルというものを作り出せてしまうのではないかと感じた。

この本は、杉浦日向子さんのファンの人にとっては、悲しさや寂しさといった想いなくしては、手に取ることの出来ない一冊だろう。病の中にあって、“江戸”があるから頑張れ~と我々を励ましてくれていた姿を、僕自身とてもせつなく感じる。

【参考】和服姿の杉浦さんに出会えるサイト

【参考】杉浦さんへの編集者の方からの追悼メッセージ

« 美術館へGO! | トップページ | 作家・井上ひさし さんの講演を聴いて »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/11540922

この記事へのトラックバック一覧です: 杉浦日向子著 「うつくしく、やさしく、おろかなり―私の惚れた「江戸」:

« 美術館へGO! | トップページ | 作家・井上ひさし さんの講演を聴いて »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本