« 徳島の焼餅と御睦様 | トップページ | オウムとライブドア事件の類似性 »

2006年2月21日 (火)

おもしろい!藁塚

いま藤田洋三の「藁塚放浪記」をパラパラとめくっている。作家が九州の出身のようで、九州各地の藁塚の写真がとくに多いが、全国の藁塚の様子を収録している。藁塚を辞書で調べると、「稲をこいたあとの藁を高く積み重ねたもの。わらにお。[季]秋。」とある。立派な季語であることに驚くが、写真に登場している、藁塚を囲む人々のなっつこい笑顔をみていると、こんなふうに愛される季語もいいなあと思う。すごく懐かしいというか、そもそも藁塚と触れる原体験もないのに、すごくいとおしい感じのする本だ。ちょっとずるいようにも思うか、手元においておいて損はないだろう。きっと藁塚を囲む人々のほこらしげな自信のようなものが伝わってきて、それがうらやましくて仕方ないのだ。労働を写真でつづるとき、今どれだけ純朴な仕事があるのか。そんなことを考えながら、郷里の藁塚を探した。

ちなみに著者の藤田洋三氏は、あの藤田小女姫の実弟ということを知って驚いた。こちらの本も読みたくなってしまいました。

« 徳島の焼餅と御睦様 | トップページ | オウムとライブドア事件の類似性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/8767770

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろい!藁塚:

« 徳島の焼餅と御睦様 | トップページ | オウムとライブドア事件の類似性 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本