« 佐野元春さんの新曲ブログで紹介 | トップページ | 子供の本 »

2006年1月11日 (水)

前川國男建築展

この前に日曜日、東京ステーションギャラリーで開催中の前川國男建築展に行ってきました。以前の記事で紹介した評伝を読んでいたので、すごく親近感を持って観ることができました。ギャラリーの窓から皇居方面を望むと「美観論争」の発端、旧東京海上のビルが見えて、もちろんそこには、美観論争に関する展示がされていましたが、何か因縁のようなものを感じました。帰り道、オアゾでランチをしましたが、行き来する新幹線におおはしゃぎな子供の背後に広がる丸の内や八重洲の再開発の光景をみながら、もう二度と前川氏のような建築は作れないのではないかとそんなことを感じました。それでも氏のコンペに挑戦し続けるバイタリティや情熱は見習いたいし、想いは継承されるものと信じています。

« 佐野元春さんの新曲ブログで紹介 | トップページ | 子供の本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/8108638

この記事へのトラックバック一覧です: 前川國男建築展:

« 佐野元春さんの新曲ブログで紹介 | トップページ | 子供の本 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本