« マイブック | トップページ | 現代美術の教科書 »

2005年12月14日 (水)

酒井順子著「私は美人」

酒井順子の隠れファンである(どちらかといえば小倉千加子の著作を真面目に読んでしまうのだが)。朝日新聞の「一冊の本」に連載していたものをまとめたものなので、欠かさず読んでいた自分には、懐かしくも感じましたが、とても読みやすく、読み流すにはいい本だとあらためて実感しました。さて、その本の中身ですが、「美人」をいろいろな角度から考察していて、何気なく私たちが感じていることが、活字化されることに、妙な恐ろしさというか、本の内容をネタに講釈を始めるならば、きっと誰かに殺されてしまいそうなほどに、真実が書かれているのではないかと思います。ただ、例えば男性の「かっこ良さ」を考察しても、あまり面白くないと思うのですが、女性のそれを考察するとなぜこんなに面白いのでしょうか。

« マイブック | トップページ | 現代美術の教科書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/7614836

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井順子著「私は美人」:

« マイブック | トップページ | 現代美術の教科書 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本