« 現代美術の教科書 | トップページ | ミサの影響で・・・ »

2005年12月28日 (水)

クリスマスの礼拝に

今年のクリスマス はじめてイヴの礼拝に行ってきました。
場所は近所の教会。夕方5時からの礼拝に、間に合わなくて、
仕方なく、教会の近所のホテルにあるパン屋さんで軽くパンを
食べて、午後7時からの礼拝に。

なかなか感動いたしました。だいたい1時間30分くらいだったと
思いますが、弦楽の合奏とパイプオルガン、そして聖歌隊の皆さん
のハーモニーが天上への響きます。

牧師さんの説教も、はじめての経験でした。なぜキリストが馬小屋
で産まれたことが尊いのかという点から、「勝ち組」や「負け組」
といった狭い価値観で割り切らずに、人間として豊かに生きていく
ために、欠かせない「希望」の光が、今手にしているこのキャンド
ルの光なのです・・・。といった内容だったと思います。

キリスト教の信者でもなく、洗礼を受ける予定もないのですが、
でもクリスマスの日くらいは、教会に足を運んでもいいかなあと思
いました。

それは、元旦に神社にいくような感覚なのですが、それでは怒られ
てしまうかもしれませんが、人が精神の安寧を委ねる機会のひとつ
にクリスマスがあってもいいと思います。

クリスマスの季節になると、ついついそわそわして、行事だけに身
をついやしがちなのですが、それでは恋人や家族に、何かを求める
だけで終わってしまうかもしれません。ちょっぴり神様と向き合う
のもいいのではないでしょうか。

« 現代美術の教科書 | トップページ | ミサの影響で・・・ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/7877429

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの礼拝に:

« 現代美術の教科書 | トップページ | ミサの影響で・・・ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本