« 旅について | トップページ | 日本の紋章 »

2005年11月 7日 (月)

名僧からみる日本仏教の体系

山折哲雄・末木文美士編著の「名僧たちの教え-日本仏教の世界-」を読んだ。仏教に興味を持ちながら、始祖または開祖と呼ばれる僧の名前がわかるくらいの自分にとっては、各宗派・歴史上の名僧を聖徳太子から河口せい海まで、幅広く紹介されていて、とても参考になる一冊でした。宗教に興味のある方も、歴史に興味のある方にもおすすめです。

« 旅について | トップページ | 日本の紋章 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/6936082

この記事へのトラックバック一覧です: 名僧からみる日本仏教の体系:

« 旅について | トップページ | 日本の紋章 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本