« 宮内嘉久著:前川國男-敗軍の将- | トップページ | はじめての串かつ 大阪駅地下・松葉 »

2005年9月11日 (日)

やなぎみわ展へ:: 雨ふっとるよ!

フフログ(夫婦のブログ)といっても、二回目の妻kaoです。

私の好きなやなぎみわの展覧会があるので行ってきた。with夫、子

独特の空気感を持っていてグランドマザーシリーズですっかりファンになり、心待ちにしていたのだ。待ち受けた作品群はちょっと暗くグロなかんじで、

少女が顔だけ老婆の仮面?をつけ寓話、赤頭巾、シンデレラの話をやなぎてきに表現するというもの。顔だけの老婆って、かなり、すごい雰囲気なのだ。しかし人間というものはこういうモノかも?

夫いわく。「きみ・・こんなの(グロく悲惨な空気)が好きだったんだ・・・」

といってさっさと先へいってしまった。明らかに不機嫌・・・。

ランプッェル、泥仮面のお話がどんな内容の話かわからなかったので

ちょっと調べつつ。

それからよかったのは砂女のムービー。老女が孫に語って聞かせます。

・・・・さまよった挙句荒野で砂女とあった。言い伝えどうり呪文を唱え、

大地の母の母、・・・・・の母の母、創造の母の母・・・・破壊の母の母・・・・・

(確か)そして砂女(テントをかぶっている)のなかに入ると・・・・

気がついたら砂女の抜け殻がった。海のにおいがした・・・

砂女は此岸と彼岸を永遠に旅するという・・・・

エレンデュラ(ガルシアマルケスの小説)の空気がちょっとあった。

最後の陽気な音楽に救われた。

図録も買おうと思っていたがグランドマザーが一点しかないのでやめました。グランドーーは出たら欲しいのにな。

kaoの野望no、53 グランドマザーにモデルとして出る!

しかしモデルは若い女の子に50年後をイメージしてもらい・・・

ってもう条件オーバーしてる!?

原美術館のミュージアムショップは気が利いていてお買い物したくなっちゃいます。椅子のガチャガチャがあると後で夫から聞いて悔しかった。

どんなのかなーーー。素敵なのだったら大人買いしたい!

帰りは土砂降りで夫いわく【現代芸術は鬼門だ なんか俺と合わない】

とおこっていたのでもう誘わないよっと誓ったがきっとまた誘って

同じ目にあうのだろう。・・・・色々行きたい展覧会があるのにな

やなぎみわHP http://www.yanagimiwa.net/

« 宮内嘉久著:前川國男-敗軍の将- | トップページ | はじめての串かつ 大阪駅地下・松葉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

いつかグランドマザー観にいきましょうね。
なかなかいい感じです。
http://www.yanagimiwa.net/My/index.html

想像力と創作プロセスがうらやましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/5896450

この記事へのトラックバック一覧です: やなぎみわ展へ:: 雨ふっとるよ!:

« 宮内嘉久著:前川國男-敗軍の将- | トップページ | はじめての串かつ 大阪駅地下・松葉 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本